【12/16(土)まで】割引価格:17,800円(税込)(64%OFF)
⇒PCソフト特価品を人気ブログランキングで探す!!

プロも愛用する、定番の絵画制作ソフト

「Painter 2023」(ペインター)は、世界中の画家やイラストレーターに愛用される、ペイントソフトを超えたプロ仕様の絵画制作ソフトです。油絵具、水彩絵具、鉛筆、パステルなどの画材、カンバスや各種の紙、筆やペインティングナイフ、そして多彩な技法や筆致をリアルに再現して、自分だけの作品をつくれます。イラスト、写真アート、製品スケッチ、NFTなど、幅広いデジタルアートにおすすめ。

ラインナップ
Windows用、Mac用の2つのラインナップがあります。
・Painter 2023 for Windows 標準価格 54,780円(税込)
・Painter 2023 for Mac 標準価格 54,780円(税込)

デジタルアート、4つの魅力
デジタルアートの制作には、実際の絵の具や筆などを使う実際の制作と比べ、次のようなメリットがあります。
・乾かす、筆を洗う、片づける必要がない
・トライ&エラーが簡単で、納得いく表現を追求できる
・制作した作品を置く場所がいらない
・キャンバスの大きさに制限がない など

アーティストによる、アーティストのためのソフト
Painterはプロの期待を裏切りません。本製品はさまざまなイラストレーター、芸術家、フォトアーティストからのアドバイスを得て作られ、多彩なニーズに応えています。

話題のNFTアートにもおすすめ
最近、SNSなどを中心に話題のNFT(非代替性トークン)。仮想通貨に使われるブロックチェーンの技術で、デジタル資産などの所有者を明確にし、「世界にひとつだけのもの」としての価値を証明するというものです。
NFTでは、世界中の人が作ったデジタルアートが取り引きされています。絵画、動画、ゲームデザイン、音楽などさまざまなジャンルがありますが、誰でも手軽に始められるデジタル絵画やデジタル・イラストレーションは人気があります。

NFTアートの始め方
デジタルアートを作る手順は、とてもシンプル。ペイントソフトなどを使って、パソコンやタブレットなどのデジタルデバイスで作品を作るだけです。 作った作品をNFTのプラットフォームに登録してNFT作品として出品すれば、NFTアートの完成です。水彩や油絵などで絵を描く人は、「Corel Painter」でデジタルアートでも同じように描画できます。好きな描画をデジタルアートで楽しみ、描いた絵をNFTアートとして出品してみましょう。

作品の幅が広がるデジタル・イラストレーション
風景画や人物画はもちろん、ファンタジー・アートやムービー、ゲームなどのアイデアも手軽に描けます。自分だけのオリジナル作品を作り、NFTアートとして登録すると、出品する作品の幅が広がります。

イラストレーション
出版物、ファンタジーアート、映画、ゲームなどのために自由にアイデアを広げられます。

ファインアート
リアルで自然な使用感と多様なアートツールを使って、描きたいテーマを思いのまま仕上げられます。

フォトアート
人工知能(AI)が取り込んだ写真を絵画に自動変換する機能を利用した後には、手動でペイントを重ねられます。

コンセプトアート
映画「Guardians of the Galaxy」、「The Avengers: Endgame」などのコンセプトアートでも使用されています。

驚くほどリアルなブラシで広がる表現

まるで本物の筆のような、リアルな描き心地を再現できます。その数は900種類を超えます。粒子やパターンペンなど、デジタルならではの筆も搭載しています。

厚塗りペイント
リアルな絵画と変わらない深み、テクスチャー、動きで作品を描けます。

水彩
本物のように、流れ、混じり、吸収し、蒸発するペイントを表現できます。

パステル
リアルなパステルで描いたようなかすれも再現し、柔らかい表現ができます。

粒子
飛び跳ね、流れ、光り輝くようなペイントでキャンバスを彩れます。

サージェント
画家のジョン・シンガー・サージェントの世界のように、艶やかなストロークを描けます。

特殊効果
さまざまなブラシ効果を適用し、ファンタジーのような世界観を生み出せます。

エアブラシ
スタイラス ペンの角度、方向、流れなどに対応し、超リアルなブラシストロークを実現します。

2023の新機能

スムーズで透明なストロークが描ける「流体ペイント」.new
レイヤーの透明度(Opacity)を調整することで、重ね塗り、ブレンド、影付け、つや出し、反射光の追加などを、自然かつ自由に表現できるようになりました。

オーバーレイオプション .new
カラーのオーバーレイオプションを使うことで、選択範囲内をより見やすくすることができます。選択範囲内の形状が複雑で透明度が設定されている場合に特に便利な機能で、選択範囲をよりすばやく作成、編集、微調整できます。

選択範囲のコントロール機能が改善 .powerup
新しくなった選択範囲のパネルで、すべてのコントロール機能にアクセスできるようになり、効率的に作業を進められます。例えば、選択範囲のぼかしはスライダーを使って、最大2,000pxまで簡単に調整できます。

選択範囲のショートカット機能が改善 .powerup
キーボードのショートカット機能が改善し、選択範囲の追加モードと削減モードを切り替えられるようになりました。また、マスキングの際には、選択範囲が自動で適用されるようになりました。

指定した色の範囲選択 .new
色を指定するとキャンバス内の同じ色の範囲をすばやく選択できるようになりました。色に基づいて、以前より簡単に光やテクスチャーの変更や、効果の適用ができます。

ユーザーからのご要望を反映 .new
・画像配置や中央揃えがより使いやすくなりました
・ショートカットとして括弧キーを使ったブラシやツールの大きさ変更が改善しました
・グラデーションツールがより精密になりました

基本機能

ブラシの設定
コントロ-ルパネルを使って、ブラシのサイズ、形状、角度、フロー、その他を細かく調整できます。

キャンバスの調整
キャンバスのパン(パンニング)、ズーム、回転機能が備わっているほか、表面の質感や照明を簡単に調整できます。

カラーパレットの作成
カラーホイール(色相環)、ミキサー、カラーセットなどを使って理想的なパレットを作成できます。

構図をサポートする機能
黄金比、遠近法、グリッド(格子)レイアウト、遠近法、ミラーペインティング(線対称)などのサポート機能を使って魅力的な構図を作成できます。

Painterのユニークな機能
用紙、フローマップ、パターン、テクスチャー、グラデーション、ノズル、複合ブラシ、イメージ、選択ブラシで、作品をより美しく仕上げられます。

優れた互換性

Adobe Photoshopとの互換性
Adobe Photoshopとの間でファイルを送受信する場合も、色やレイヤーなどのコンテンツが保持されます。

描画タブレットに対応
スタイラスの傾きや回転方向、筆圧のコントロールなどに対応し、自然な描画をサポートします。

WindowsとMacに対応
制作環境に合わせて、どちらも選択いただけます。

プロのアーティストも愛用

世界中で、プロのアーティストにも愛用されています。

アーティストの声

「Corelのブラシ技術は、もはや私のアート作品制作には欠かせません。他社製品にはないこの技術は、私がCorel製品を気に入っている特徴のうちの一つです。」
―Alex Ruiz氏、著名なデジタルアーティスト

「Painterのデジタルメディアのブレンド方法や充実したブラシライブラリにたちまち魅了されました。」
―Christina Yen氏、プロのイラストレーター

「Painterを使うと、従来の画材で創作しているかのようです。創作過程を非常にスムーズに進行させることができ、色も正確に混合できます。写実的なスタイルを求めている人には、理想的なソフトウェアです。」
―Pierluigi Abbondanza氏、イラストレーター兼教師

「紙に描く従来の絵画制作ではなく、Corel Painterを使うことの利点は、Painterなら紙がすり減るようなことはなく、非常に細かい部分まで拡大できるところです。これらは従来の絵画制作では不可能だったのです。」
―Toby Mikle氏、NFTアーティスト

対応形式

読み込み
RIFF (RIF) 、 TIFF (TIF) 、Photoshop 形式 (PSD) 、Windows ビットマップ (BMP) 、PC ペイントブラシ (PCX)、 TARGA (TGA)、 GIF 、JPEG (JPG)、PNG 、フレーム スタック (FRM)、 QuickTimeムービー (MOV) 、Windows AVI (AVI)

書き出し
RIFF (RIF)、 Photoshop 形式 (PSD)、 TIFF (TIF) 、 PNG 、 JPEG (JPG) 、 GIF 、TARGA (TGA) 、Windows ビットマップ (BMP)、 PC ペイントブラシ (PCX) 、 、Postscript EPSF (EPS)

>>Corel Painter 2023 Windows版 ダウンロード版<<

詳細はこちら