【1/25(水)まで】期間限定特価:59,800円(税込)(28%OFF)
⇒PCソフト特価品を人気ブログランキングで探す!!

プロの仕上がりを、低価格で

「CorelCAD(コーレルキャド)」は、2D作図ツールと3D設計ツールを搭載したCADソフトです。建築、エンジニアリング、製造などの分野で高精度な設計を求められるプロのために開発されています。WindowsとMacのどちらでも使え、毎年課金されるサブスクリプション方式の製品に比べ自由な使い方ができることも魅力です。

高い互換性で、効率的に作業できる
本製品にはDWGファイル(AutoCADの拡張子)など業界標準のファイル形式と高い互換性があります。さまざまな環境で作業するビジネスパートナーにもファイルをそのまま共有して確認や編集ができ、効率的に作業できます。CADソフト初心者や、自宅のPCにCADソフトの導入を検討している人におすすめです。

プロに選ばれる理由

一連の制作作業をフルカバー
各分野のプロのために設計されたツールです。本製品のみで、コンセプト立案から図面作成、レイアウト、編集までの一連の制作作業を実現できます。

2Dから3Dに簡単変換
わずか数クリックで、2D設計で作られた図面を3Dグラフィックに変換できます。作品を素早く仕上げ、迅速にプロジェクトを完成できます。

出力まで高精度に
2D作図、3D設計、3D印刷に対応。テキストやグラフィックはもちろん、触覚出力用の3Dデザインソフトウェアで高精度に作業できます。STLファイルにも対応しています。

さらに使いやすく進化 .powerup

CorelCAD 2021
CorelCAD 2023
最新版の2023ではメニューがリボンでまとめられ、より見やすく使いやすくなりました。

各業界を牽引する多彩なCAD機能を搭載

2D作図

互換性のあるブロックで、柔軟な編集を実現
AutoCAD独自のダイナミックブロック(複数の図形をまとめて1つにしたオブジェクト)を、「CorelCAD」で同等の機能を持つカスタムブロックに変換し、定義を変更できます。
CBWBlockAsを使って、個別のカスタムブロックを図面として保存できます。ブロックエディタを終了せずにカスタムブロックの定義をテストすることもできます。

図面の制限機能
制限表示形式を設定できるコマンド(SetConstraintNameFormat)で、寸法をどのように表示させるかを指定し、形状を寸法の制限に対応させられます。

マルチリーダーツールと寸法ツール
マルチリーダーのスタイル変更機能を使うと、書式を一括変更できます。図面に注釈を付けるコールアウト・ツールが搭載されていて、コールアウトに引き出し線の追加・削除ができ、図面の変更に合わせて簡単に編集できます。

オブジェクトスナップとグリップ
オブジェクトスナップ、グリップ、円柱状ガイドなどのオブジェクトを再配置できます。コンテキストに適したショートカットメニューで、インタラクティブなジオメトリの編集ができます。

3Dモデリング

3D設計および編集ツール
3Dのソリッド、サーフェス、メッシュ、リージョンのエッジからワイヤーフレーム形状を作成できます。OffsetEdgesを使用して、3Dのソリッドやサーフェスの境界から2Dエンティティを作成することもできます。

STLファイルのインポート
3Dオブジェクトが含まれるステレオリソグラフィーファイル(.STL形式)を読み込み、3Dオブジェクトを挿入できます。既存の3D設計データを読み込み、さらに変更を追加できます。

3Dソリッド編集とモデリングツール
ポリソリッドを使用して、3Dソリッドオブジェクトを多角形壁の形状で描くことができます。FaceやLoopオプションのあるChamferEdgesを適用して、3Dソリッドオブジェクトを斜角化できます。

2Dから3Dへの変換
CorelCADで2D設計できることはもちろん、2Dデータを読み込み3Dに変換することもできます。2Dエンティティをパスの押し出しや回転、パスに沿ったスイープ操作が可能です。

3Dマウスへの対応
3Dconnexion入力デバイスに対応しており、3Dでナビゲーションできます。

生産性を高める機能

レイヤーパレット
図面作成画面を閉じることなく、レイヤーのコントロール画面にアクセスできます。レイヤーの結合も簡単に行なえます。

データリンクコマンド
XLSXまたはCSVファイルのデータをリンクして表を挿入できます。XLSXファイルでは、「シート全体」「名前付きセル範囲」「セル範囲」を簡単にリンクできます。

レイヤーのグループ化フィルター
外部参照を添付する際に、自動作成される他の図面の参照レイヤーをすべてグループ化できます。

設計リソース
さまざまなCADプロジェクトで使用するブロック、スタイル、図画、画像などの要素に簡単にアクセスし、管理できます。

他者との共同編集を快適にする機能

図面比較パレット
さまざまな色で編集履歴をハイライトし、2つのCADファイルを簡単に比較できます。
設計者は編集内容を確認して関係者にオプションを提示し、ワークフローの変更を設定できます。

シームレスなAutoCAD互換性
最新のAutoCADのDWGファイル形式でファイルを開き、編集し、保存できます。AutoCADのダイナミックブロックを編集し、カスタムブロックとして保存することも可能です。

データ抽出ウィザード
データ抽出ウィザードを使用して、オブジェクトの属性を指定およびブロックし、情報を抽出できます。

CorelDRAWおよびCorel DESIGNERファイルに対応(Windows版のみ)
CorelDRAW(.CDR形式)やCorel DESIGNER(.DES形式)のファイルを簡単に読み込み、書き出しできます。CADとグラフィックスの間のワークフローを円滑にします。

注釈とマークアップ
メッセージ、コメント、指示をVoiceNotesツールを使って図面に追加できます。図面の一部をマークまたはマスクすることで、注釈を除外することもできます。

優れた互換性

Windows、Mac両方で使える
Windows、Macの両方に対応しているので、慣れた環境やお好きな環境でご利用いただけます。

3D印刷
3Dソリッドオブジェクトを、3D印刷で最も一般的に使用されるSTLファイル形式に書き出しできます。直接3Dプリンターに接続し、STLファイルを利用して3Dプロトタイプを印刷することも、外部の3Dプリントサービス向けにファイル出力することもできます。

多様なファイル形式に対応
PDF、SVG、EPS、DWF、STL、SAT、DWSなど主要なファイル形式に対応しています。ビジネスパートナーや仕事の関係者にもファイルをそのまま共有でき、すばやく確認と編集ができます。Windows版は、CorelDRAW(.CDR形式)および Corel DESIGNER(.DES形式)からのインポート/エクスポートにも対応しています。

>>CorelCAD 2023 ダウンロード版<<